Search
Search Menu
チャペルの紹介

明治学院の歴史

1859(安政6)年にヘボン博士夫妻たちが来日したことから始まる明治学院の歴史。
日本の歴史を交えながら明治学院の歩みを振り返ります。

安政

1859(安政 6)年
J.C. ヘボン、S.R. ブラウン、G.H.F. フルベッキ、D.B. シモンズら来日
神奈川・長崎・箱館3 港で貿易開始

万延

1860(万延 1)年
桜田門外の変。リンカーン大統領就任

文久

1861(文久 1)年
ヘボン、宗興寺で医療奉仕開始。フルベッキ英語塾を開く。J.H. バラ来日
アメリカ南北戦争はじまる
1862(文久 2)年
ヘボン、横浜居留地39 番に施療所・住宅移転
生麦事件
1863(文久 3)年
ヘボン塾開始、林董入学。ブラウン『日英会話篇』を出版

元治

1864(元治 1)年
高橋是清ヘボン塾入学

慶応

1867(慶応 3)年
ヘボン『和英語林集成』を出版
大政奉還

明治

1868(明治 1)年
ヘボン、バラ、タムソン共訳の『新約聖書』脱稿
戊辰戦争
1870(明治 3)年
ブラウン、横浜修文館の英語教師となる
1871(明治 4)年
井深梶之助、横浜修文館学僕となる。J.H. バラ、バラ塾(横浜)始める
廃藩置県
1872(明治 5)年
ヘボンおよびブラウン訳『新約聖書馬可伝』『新約聖書約翰伝』刊行
新約聖書の共同翻訳事業始まる。J.C. バラ来日
1873(明治 6)年
ブラウン、横浜に神学校設立、井深梶之助・植村正久らに教授
切支丹宗禁制の高札が撤去される
1875(明治 8)年
W. インブリー来日 J.C. バラ、ヘボン塾を引き継ぐ
1877(明治10)年
東京一致神学校(後の明治学院)創立
翻訳委員会訳『旧約聖書』(創世記1章~ 3章)と『摩太伝』刊行
西南戦争
1880(明治13)年
ヘボン塾(バラ学校)、東京築地に移転し築地大学校と改称。ブラウン、マサチューセッツ州で昇天
1883(明治16)年
東京一致英和学校創立
鹿鳴館開館
1886(明治19)年
東京一致神学校・東京一致英和学校・同予備校が合併、名称を『明治学院』に決定
校地を白金玉縄台(現白金台)に決定
1887(明治20)年
明治学院開校。『和英語林集成』の版権を丸善に譲った資金でヘボン館建設
サンダム館竣工。島崎藤村、普通学部本科入学
1888(明治21)年
フルベッキ、明治学院理事会議長となる
1889(明治22)年
ヘボン明治学院初代総理、井深梶之助副総理に就任。ハリス館落成
現インブリー館、ランディス館、バラ館などの宣教師館もこの頃に竣工
1890(明治23)年
神学部校舎兼図書館竣工(現在の記念館)
1891(明治24)年
井深梶之助総理就任。学院の憲法・職制制定
1892(明治25)年
ヘボン夫妻アメリカへ帰国
1898(明治31)年
フルベッキ、東京麹町紀尾井町の自宅で昇天
1899(明治32)年
文部省訓令12号発布、公認学校での宗教教育・儀式が禁止、学院は宗教教育を維持するため中学の資格を返上
1903(明治36)年
ミラー記念礼拝堂竣工
1904(明治37)年
植村正久、明治学院を辞職し東京神学社を創立
1905(明治38)年
ヘボン、日本国より勲三等旭日章を授与。ミラー記念礼拝堂地震で破損
賀川豊彦、高等学部神学予科に入学
1906(明治39)年
ヘボン夫人のクララ昇天
1907(明治40)年
校歌制定(作詞・島崎藤村 作曲・前田久八)
1909(明治42)年
ミラー記念礼拝堂、再び地震で大破、使用不可能となる
1911(明治44)年
ヘボン、アメリカの自宅にて昇天(96 歳)、同日ヘボン館も火災のため焼失
1912(明治45・大正1)年
新ヘボン館落成

大正

1914(大正 3)年
サンダム館焼失。学院創立記念日を11月3日と定める
1916(大正 5)年
新礼拝堂献堂式、新サンダム館落成式
1920(大正 9)年
J.C. バラ鎌倉にて昇天
1923(大正12)年
礼拝堂、現記念館破損・修復工事
関東大震災
1925(大正14)年
井深ホール(井深館)落成

昭和

1930(昭和 5)年
神学部、東京神学社と合同し日本神学校が開校
1935(昭和10)年
総理の名称を学院長と改称
1936(昭和11)年
二・二六事件
1937(昭和12)年
盧溝橋事件・日中戦争勃発
1938(昭和13)年
御真影奉戴式
1939(昭和14)年
学院創立記念日を11 月3 日から11月1日に改める
1940(昭和15)年
井深梶之助昇天、学院葬
1941(昭和16)年
勤労動員に応えるため、学友会を解散し報国団を結成
毎日行ってきた礼拝を隔日に改める
ハワイ真珠湾攻撃・太平洋戦争勃発
1943(昭和18)年
中学2年以上の生徒は全員明治学院勤労報国隊に属し勤労動員
1945(昭和20)年
東京大空襲、広島・長崎に原子爆弾投下
ポツダム宣言受諾。文部省、訓令12 号の廃棄を指示
1946(昭和21)年
御真影奉安殿撤去の指示
日本国憲法発布
1949(昭和24)年
明治学院大学設置認可
1966(昭和41)年
パイプオルガン設置
1967(昭和42)年
大学礼拝週報『招き』創刊
1969(昭和44)年
『白金通信』創刊
水俣病を公害病と認定
1985(昭和60)年
横浜校舎開校
1986(昭和61)年
チェルノブイリ原子力発電所事故
1987(昭和62)年
横浜校舎チャペルにパイプオルガン設置、米ヘボン博士墓碑脇に顕彰碑
1989(昭和64・平成1)年
白金明治学院礼拝堂(白金チャペル)、港区文化財に指定

平成

1995(平成 7)年
阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件
2001(平成13)年
パレットゾーン白金完成
2008(平成20)年
礼拝堂の耐震補強と復元・改修工事が完成
2009(平成21)年
明治学院礼拝堂(白金チャペル)に新パイプオルガン設置、奉献式を挙行
2011(平成23)年
明治学院大学図書館付属日本近代音楽館開館
東日本大震災
2013(平成25)年
創立150周年を迎える
ページの先頭へ