Search
Search Menu
宗教部の紹介

宗教部長のメッセージ

あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。
(ヨハネによる福音書 8章32節)

真理はあなたたちを自由にする

宗教部長・国際学部教授 司馬 純詩

明治学院大学入学おめでとう。
皆さんはこれまでさまざまなことを学び、入試では「これが正解」を学んできました。大学では、これまで正しいと信じていたことをすべて洗いなおしてください。
司馬宗教部長情報のグローバル化が進む現在、知識は国家の枠内にとどまりません。しかしながら、学校教育制度が国家に統轄されているため、あらゆる国の教育内容は国家に寄り添っています。第一に「国家制度のもと」にあり、第二に「国家のもとにある知識に拘束」されています。
日本に限ってみれば、皆さんが学んだことのほとんどがこの100年余りで編纂された知識なのです。しかし、有史以来のグローバル化の中で、これからは国家制度を超えた知識と知恵、活き方を学んでいただきたいと思います。
明治学院大学のキリスト教は、ヨーロッパ大陸で権力と袂を分かった人々が300年ほど前、新大陸アメリカに移住し、後に文明開化前の江戸末期、約150年前に日本にもたらした伝統を引き継いでいます。
創始者ジェームス・カーティス・ヘボンは西洋古典も学んだ医師でしたが、アヘン戦争期のグローバル化の中でアジアへの医療伝道を志しました。帰国して一時ニューヨークで病院を開設しますが、再び出国して日本に到達し、33年間でその資産、知識、遺産すべてを私たちに遺しました。民族と国家を超越したヘボンの意志の根源は、古典や医学の知識よりもキリスト教の精神でした。
皆さんには今までの知識を超えた、民族と国家をも超越する真理を知っていただき、現代のグローバル化に備えていただきたいと思います。宗教部のキリスト教活動では、明治学院大学の引き継いできた建学の精神を伝えます。

ページの先頭へ